インフルエンザは感染源や湿度計に注意するべき

インフルエンザというのは非常に感染力が強いものとなっているので、まずは感染源がどのようなところにあるかを理解しておく必要があります。
人を介して感染することが多いので、とにかく人が多い場所に極力足を運ばないことが大切です。
人が多ければ、誰かが感染している可能性が高いものとなっていて一人が感染をしていれば、そこから感染がどんどん拡大をしていくことになってしまうため人が多い場所に行けばそれだけリスクが高くなってしまうということになります。

しかし、人が多い場所に行かないと言っても仕事などがあるわけですからインフルエンザを避けるためだけに、仕事を休むというわけには行きませんから別の方法で予防をするしかありません。
予防の方法としては、手洗いを確実におこなったり湿度計をよくチェックして湿度が下がっているようであれば湿度を高めるようにしましょう。
インフルエンザは湿度が低いと感染しやすくなってしまうので、加湿を行うというのは予防に効果的なものとなっているのです。

それでも完全に感染を防ぐことができないのがインフルエンザの厄介なところで、感染をしてしまった場合にはできるだけ早めにタミフルなどの治療薬を使用すると良いでしょう。
インフルエンザは以前までは特効薬がないとされていましたが、タミフルの登場によってインフルエンザの治療も可能となりました。
ただし、タミフルはウイルスの増殖を抑える薬であるためウイルスが増えてしまってから服用してもあまり効果がないので、体調が悪くなり始めた時にはすぐに服用しなければなりません。
様子を見てから使おうとするとあまり効き目がなくなってしまうので、早めにタミフルを使用することが重要です。