タミフルの予防接種と副作用の下痢について

タミフルはインフルエンザの治療に用いられますが、副作用が消化器症状に現れることがあります。
つまりタミフルを服用することで吐き気や下痢といった副作用が生じることがあるのです。まれに起こる症状とされますが、血便が出るなどの症状がある場合には速やかに医療機関を受診する必要があります。
ただし、下痢の症状はインフルエンザの症状の一つであるかもしれません。なので一概にタミフルの副作用だと言い切ることもできないんで注意が必要です。
どちらにしても、インフルエンザが治まりタミフルを飲む必要がなくなれば、下痢の症状が治まります。
腸を刺激するような冷たい飲み物を避けると症状を悪化させることがありません。また、下痢で水分を失われますのでできるだけしっかり水分をとり、整腸剤を服用すると治りも速くなります。
タミフルはインフルエンザウイルスが体内で繁殖するのを抑制する効果があります。なので発症してからできるだけ早めに服用することで、インフルエンザの症状を悪化させることを防ぐことができるのです。
インフルエンザ自体は、症状がひどいので自然治癒できないものと思われがちですが、実は自然治癒で治るものなので、時間が経てば次第に症状はよくなっていきます。ですが、インフルエンザウイルスが体内で増殖する際には高熱をはじめとする症状は重篤です。なのでそのインフルエンザウイルスが増殖する際にタミフルを飲むことで、その増殖を抑えてその症状を最小限に抑えることができるのです。なので、タミフルはインフルエンザを発症してすぐに飲むことがポンとです。